治らない爪水虫も飲み薬で完治できる

治らない爪水虫も飲み薬で完治できる

足の爪が長期間変色している場合は爪水虫を疑いましょう。水虫は強烈なかゆみがあると多くの人がイメージをしていると思いますが、爪水虫は全くかゆみがないことが多いのです。家族に水虫がいる人、プールや温泉など多くの人が利用する施設で裸足になったことがある人、ブーツなど足が蒸れる靴をよく履く人は要注意です。
爪水虫は症状がほとんどないのですが、爪の変色、変形がなかなか治らないのが特徴です。市販の水虫薬では全体に浸透しないため効果がほとんどありません。それに爪水虫かどうかは見た目からでは判断できません。まず皮膚科に相談して爪の状態を確かめることです。

 

もし爪水虫なら飲み薬で完治させることができます。

 

飲み薬は体の中から水虫菌の増殖をおさえ殺菌することができるので爪の奥にいる菌を完全に殺すことができます。薬を飲み続けていると1ヶ月もすれば変化が分かります。

 

もともと自覚症状がないためそこで薬を飲むのが面倒になったり病院に行かなくなることがありますが、先生が完治したといわれるまで通院することが大事です。私の場合は半年で完治することができました。元の爪に戻るまで結構長いですが、爪が生えかわるまで時間がかかるのです。

 

 

足の爪水虫は早めに処置をしましょう。

足の爪に水虫ができることありますよね。普段靴下に靴を履いて一日過ごしていると、足は蒸れ蒸れ状態で菌が発生しやすい環境となります。そうすることで水虫の原因となります。ですから、できるものなら職場でも通気性の良いサンダルやスリッパで過ごすことをおすすめします。

 

5本指靴下は指の間の隙間を作り通気性をよくするので、皮膚の水虫には効果的です。厄介なのは、皮膚だけでなく爪の中まで菌が繁殖する爪水虫です。爪水虫の場合、爪自体が白や黄色く変色したり、爪自体に厚みが出てしまい、夏場の素足になるときには他人からも注目され、うつるのではないかと警戒されてしまいます。

 

できれば皮膚科で早めに処置をしましょう。爪水虫の状態にもよりますが、液状のしみ込ませる塗り薬とのみ薬で治すことができます。ですが、爪の場合綺麗に生え変わるまで一年ほど年月はかかるので、じっくり治す覚悟がないといけません。

 

また水虫を持っていると、匂いの原因にもなります。菌が悪さをして独特の匂いを発生させ、それこそ周りの人に迷惑をかける事になります。水虫なんて、いつか治る、ほっとけばよいと思ている人は要注意です。そんなに簡単には治りません。慢性の水虫になる前に早めに治しておいて方が良いですよ。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら