痛い爪水虫が短期間で治りました

痛い爪水虫が短期間で治りました

日常生活の中で外回りで常に靴を履いて歩くことが多かったため、つま先がいつも蒸れている状態が長く続いていました。だんだん爪の周りが痛いと感じるようになり、よく見ると爪水虫になっていたのです。周りの人に知られるのが恥ずかしいため、なかなか病院にも行かずに我慢していました。

 

そんな時にジェルタイプのケア商品の存在を知って、すぐに申し込んでみることにしたのです。爪の中までしっかりと浸透していきますので、想像していたよりも短期間で痛みや変色が改善されてきたことを実感できて嬉しかったです。

 

1日1回お風呂に入った後に塗るだけという簡単なお手入れも面倒臭がりな自分には合っていました。今までは夏でも人前で素足を見せるのが恥ずかしかったのですが、このジェルを使い始めてからは堂々と足を出せるようになり、本当に心から感謝しています。

 

ストレスもなくなり、綺麗な爪先を手に入れることができて大満足しています。悩みの種だった爪水虫が驚くほど症状が回復して、かさつきや皮向けもなくなって家族からも驚かれています。

 

これからも爪水虫のトラブルを予防するために愛用していきたいと考えています。リーズナブルな料金設定も安心して利用できました。

 

 

爪水虫で膿が出ることはない

爪水虫はすでに水虫に感染している人がなりやすい症状です。特徴は爪や皮膚が白く濁ったり褐色に変色し、皮膚が分厚くなります。爪には神経が通っていないため、痛みを感じません。そのため発症していてもそのまま放置してしまう人が多いです。

 

しかし爪水虫は感染力が強いです。スリッパを共有するだけで感染してしまうので、身近な人にうつしてしまうリスクがかなり高いです。

 

症状としては前述のとおり痛みが発生することはありません。膿ができるということもありませんが、長く放置しているとほかの部位に感染したり、歩きにくくなったりと日常生活にも支障が出るようになります。

 

爪水虫は治すまでに時間がかかる厄介な病気です。水虫かなと異常を感じたときはできるだけ速やかに皮膚科に行くことが大切です。水虫はばい菌が繁殖して引き起こす病気なので、ばい菌を繁殖させない状態にすることが肝になります。

 

たとえば足を湿った状態にしておかない、日光にしばらく当てておく、毎日石鹸で丁寧に洗うなどの方法があります。靴下は必ず毎日替えましょう。ばい菌が少ない状態では水虫にかかるリスクはかなり低くできます。水虫はばい菌の生命力が高いため、清潔な状態を常に保つようにしましょう。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら