爪水虫にうつらないためにも

爪水虫にうつらないためにも

爪水虫ってあまり聞いたことがないかもしれませんが、以外といるらしいですよ。
女性でも冬にはタイツをはいてロングブーツをはく時代になりましたので、水虫や爪水虫はいるそうです。ただ、なかなか自覚症状がないせいか、重症化してから気付く人が多いのも爪水虫の特徴です。

 

では、爪水虫にうつらないためには何をすればいいのでしょうか?水虫も爪水虫も、感染場所が違うだけで白癬菌であることには変わりありません。
そして、その白癬菌は皮膚や爪に付着して24時以内に洗い流せば、それで感染して住み着くことなないそうです。つまり爪水虫にうつらないということですね。
爪水虫にうつらないといっても、危険はそこら中にありますので、気をつけるに越したことはありません。

 

例えば、不特定多数の人が出入りするスーパー銭湯や、温泉などのバスマット。
そして、ジムやヨガなどのロッカールームの床、シャワールームの床も同様にずっと湿っていて、大勢の人の足裏がついていますから、白癬菌がいないということはないと思います。

 

そういうところに行くこと自体は問題ありませんが、その後にちゃんと足を洗って乾燥させて清潔に保つということです。
タイツにロングブーツをはいても、帰宅したらタイツも足もすぐにバスルームに行って洗って清潔にすれば、家の中に余計な雑菌をばらまくことはなくなります。

 

玄関からバスルームまでの距離だけが危険地帯になりますが、それもちゃんと定期的にお掃除ができていれば問題ないのです。
でもどれだけ頑張っても、白癬菌に感染したら、病院に行って検査をしましょう。

 

特に爪水虫かもしれないと思う人は爪の見た目が変形している、変色している、凹凸が激しい、痛みが出てきたなど、様々な症状から「おかしい」と思っているのでしょうから、まずは爪水虫かどうかをはっきりさせた方がいいと思います。

 

その上で、病院で治療するのか、自分で根気よく治療を続けるのか決めるのがいいと思います。
ただ、爪水虫の完治+様子見期間をあわせると1年以上は必要ですので、根気のない人、自分は毎日継続して薬を塗り続けられないという人は病院に通って、人に管理してもらった方が完治は確実だと思いますよ。

 

市販薬だと、なかなか続けられない、なくなったら、買いにいく時間がなかったなどあると思います。もう一つはクリアネイルショットのように定期コースで毎月届く対策ジェルです。

 

医薬品ではありませんが、薬の買い忘れが気になる方は、これで毎月1本届けば、薬を塗ることを継続できるのではないでしょうか?

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら