爪水虫に液体薬は効かない!

爪水虫に液体薬は効かない!

爪水虫に液体の薬は効かないというのは良く言われます。それは爪水虫の場合には液体薬が爪に浸透しないからだと言われています。
爪水虫専用の薬や対策ジェルは液体薬ではありません。なぜなら爪水虫専用で、爪に浸透することが重要で、それが治療の要になることがわかっているからなのです。
病院で処方される飲む服用薬も液体薬ですが、これは抗真菌薬として爪水虫にも有効です。

 

しかしながら、副作用、服用後の胃の不快感など我慢の多い薬のようなので、できれば爪水虫専用の市販薬か、通販の対策ジェル、爪水虫対策キットなどで治療するのが良いと思います。

 

ただ、ずぼらな人は途中でやめてしまったり、爪がきれいに生え変わったからもういいと完治する前に薬を塗るのをやめてしまったりすることがありますので、自分でずぼらだと自覚のある人は病院に定期的に通い、状況をチェックしてもらって治療を行ってください。

 

副作用の強い服用薬(液体薬、カプセル、錠剤)を使わないで、処方される外用薬だけでも通院で治療が可能です。
特に、肝機能に障害がある人は病院で処方される服用薬は摂取できません。なぜなら、この薬は「肝機能を低下させることが時々ある」という副作用が報告されていて、定期的に血液検査をして肝機能が正常かどうか確認するそうです。

 

この液体薬なら爪水虫に効きます。ただ、市販の水虫薬である液体薬は爪水虫にはあまり効かないということを覚えておいてくださいね。
爪水虫も、普通の水虫も白癬菌に感染しているには変わりありませんし、白癬菌を退治すれば完治しますが、患部が皮膚と爪ではアプローチが違ってきます。

 

皮膚の場合は市販薬で液体ものも効くかもしれませんが、爪水虫は、できれば粘度があるものが一定時間、爪と、爪の皮膚の間に残り、じわじわと浸透してくることで、爪の中の白癬菌を退治できます。

 

だからジェル状のものが効くと言われています。爪水虫市販薬のランキングをネットで調べてみると1位が「クリアネイルショット」2位が「Dr. G’s クリアネイル」というどちらも通販でしか買えない医薬部外品です。

 

つまり医薬品ではありません。なぜ医薬品でないものがランキング上位にきているのかといえば、はっきりと意見を聞いたことはありませんが、医薬品で治療期間半年〜1年を続けるよりも、天然成分の医薬部外品で治療した方が身体への負担が軽い、安心、安全というのがあるのではないでしょうか?

 

また通販であれば、定期コースなどがあり、毎月必ず使用分を送ってくれてお得な価格で購入もできますので、継続という意味では、薬局で、自分で薬を購入するよりも長続きするかもしれませんよね。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら